ホーム > お茶について > お茶の淹れ方
上林春松本店のご案内
玉露
※小振りの急須を使用
ポットのお湯約60mlを湯冷ましから急須に入れ、
さらに茶碗に注ぎ分けて約45〜55℃になるまで冷まします。
急須に茶葉約8g入れます。
(約スプーン2杯)
湯冷ましした茶碗のお湯を急須に注ぎ、
約1分半〜2分待ちます。
各茶碗に濃さが均一になるように注ぎ、分けます。
最後の一滴までしっかり絞りきって下さい。
※2煎目以降は、お湯の温度を上げて待つ時間を短くして淹れて下さい。
※1煎目はトロっとしたコクを、2煎目からはまろやかさと香りを楽しみます。
煎茶(かぶせ茶・雁ヶ音)
ポットのお湯約180mlを茶碗又は湯冷ましに移し、
温度を約70〜85℃に冷まします。
※まろやかな風味を楽しみたい時はもう少し低い温度で入れます。
急須に茶葉約8〜10g入れます。
(約スプーン2杯)
湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、
約1分待ちます。
各茶碗に濃さが均一になるように注ぎ、分けます。
最後の一滴までしっかり絞りきって下さい。
※2煎目以降は、お湯の温度を上げて待つ時間を短くし適度な旨みと渋みを楽しんで下さい。
ほうじ茶
急須に茶葉約10〜15g入れます。
(約スプーン3杯)
熱湯約400mlを注ぎ、
約30〜40秒待ちます。
各茶碗に濃さが均一になるように注ぎ、分けます。
最後の一滴までしっかり絞りきって下さい。
京番茶
※3〜5人分
沸騰したお湯1Lに茶葉約10〜15g(一つかみ)を入れ、やかんで約3分煮出します。
PageTop